本文へスキップします。

H1

えるぼし/認定取得について

エディタV2

認定とは

一般事業主行動計画の策定、届出を行った事業主のうち、女性の活躍推進に関する取組の実施状況等が優良な事業主は、都道府県労働局への申請により、厚生労働大臣の認定を受けることができます。

認定を受けた事業主は、厚生労働大臣が定める認定マーク「えるぼし」を商品や広告などに付すことができ、女性活躍推進事業主であることを P Rすることができ、優秀な人材の確保や企業イメージの向上等につながることが期待できます。

(例)
  • 求人広告、求人票
  • 商品
  • 名刺
  • 印刷された広告、テレビ広告など

認定の段階

評価項目を満たす項目数に応じて3段階あります。
各段階において、以下のいずれも満たすことが必要です。

1段階目

えるぼしマーク 1段目

  • 5つの基準(1.採用、2.継続就業、3.労働時間等の働き方、4.管理職比率、5.多様なキャリアコース)のうち1つ又は2つの基準を満たし、その実績を厚生労働省のウェブ・サイト女性の活躍推進企業データベースに毎年公表していること。
  • 満たさない基準については、事業主行動計画策定指針に定められた当該基準に関連する取組(※)を実施し、その取組の実施状況について厚生労働省のウェブサイトに公表するとともに、2年以上連続してその実績が改善していること。
  • 下段の★印に掲げる基準を全て満たすこと。

2段階目

えるぼしマーク 2段目

  • 5つの基準のうち3つ又は4つの基準を満たし、その実績を厚生労働省のウェブサイト女性の活躍推進企業データベースに毎年公表していること。
  • 満たさない基準については、事業主行動計画策定指針に定められた当該基準に関連する取組(※)を実施し、その取組の実施状況について厚生労働省のウェブサイトに公表するとともに、2年以上連続してその実績が改善していること。
  • 下段の★印に掲げる基準を全て満たすこと。

3段階目

えるぼしマーク 3段目

※必ずしも指針に盛り込まれた取組に限定されるものではなく、指針に盛り込まれた取組と同等以上に自社において効果的と考えられる取組であればよい。

★5つの基準以外のその他の基準

  • 事業主行動計画策定指針に則して適切な一般事業主行動計画を定めたこと。
  • 定めた一般事業主行動計画について、適切に公表及び労働者への周知をしたこと。
  • 女性活躍推進法及び女性活躍推進法に基づく命令その他関係法令に違反する重大事実がないこと。

※「その他関係法令」とは、男女雇用機会均等法、育児・介護休業法、パートタイム労働法など

詳しくはこちら

認定を取得しましょう!(パンフレット)[2,816KB]
様式第1号 基準適合一般事業主認定申請書[156KB]
認定申請関係書類(実績を明らかにする書類)[44KB]
関係法令遵守状況報告書[23.9KB]

【参・smt】スマホ用SEOメニュー

【全】お問い合わせ先

お問い合わせ先

女性活躍推進センター 東京事務局
一般財団法人女性労働協会

03-3456-4412 03-6809-4472 suishin@jaaww.or.jp